kashinokiの日記

ケーキ屋をオープンするまで

売買物件

もともとの地域の希望が東金沢の周辺だったので、本日賃貸ではなく売買物件を見学したいと思います。

賃貸が良いのか売買が良いのか、悩むとこですが、コスト的な面で言うとやはり賃貸がいいとは思います。

ただライフスタイルや家族構成、また出す地域によっても一概にどちらが良いとはいえないと思います。

賃貸のメリット

1. 人、街、ライフスタイルの変化へ柔軟に対応できる

2. 設備メンテナンスが店舗内だけで済む

3. まとまった初期費用がいらない

どれも非常に大きなメリットです。

特に直近の私の状況から言えば3のまとまった初期費用がいらないことはありがたいことです。

自己資本だけでオープンできるわけではなく、借り入れをしなければならない場合、借金が少ないということがいかに経営を楽にするか、また精神的にも安定するでしょう。

 

それに対して

デメリットは

1. いかなる場合も支払い続ける必要がある

2.極端な話、 壁の穴ひとつ開けるのにも許可がいる(店舗の場合はそんなことはないが隣や上階にも気を使わなくてはいけない)

3. 資産として残らない

3はメリットとして考える人もいるでしょうけど、そこに住まないのであればデメリットにあげてよいと思います。

 

では売買物件のメリットとは

1. 資産として残せる(税負担から考えるとデメリットでもある。)

2.自由に手を加えられる

3.月々の家賃の支払い義務がない

3の月々の支払いがないのはかなり助かると思います。

しかしそれは借り入れが少ない場合です。借り入れが多ければそれも家賃と変わりません。

 

対して、デメリットは

1. 圧倒的に初期費用がかかる

2. 住居費以外に修繕・管理費用が発生する

3. 価値が変動する恐れがある

 

これも3の価値変動が大きいと思います。

店舗の場合少なくとも10年、今の時代なら5.6年で経営や店舗を見直さなくてはいけません。

その際、たとえば大きなショッピングモールが建ったり、道路が出来たりで、導線が変化していたなら、移転も考えなくてはいけません。

賃貸でも厳しいのですが、売買物件であればもっと難しいでしょう。

 

店舗だけの話をしましたが、そこで住むことを考えれば家族構成などによっても大きく変わってきます。

冷静に全体を見て判断できるように本日も物件見学に行ってまいります。

f:id:kashinokino:20180524100504j:plain

ご先祖様、本日も日本をお見守りください。

f:id:kashinokino:20180524100331j:plain

雲の切れ間から青空がのぞいています。